好奇心のままに生きる

個性を伸ばし、好きなことで生きていける人を増やす。非日常のワクワクを社会に。

好きなことで生きられる時代、そのために周りの目も気にせず、死ぬほど考え努力しないといけない時代。

こんにちわわ

 

 

じゅんやです。

今度のヲタ芸のサムネ作り。

 
f:id:junyaaa0404:20180516111011p:plain
 

それから、大学生向けの人材育成事業に参画しながら、エンタメ領域のプロジェクト構築中です。

 

 

f:id:junyaaa0404:20180516111758j:plain


 
 

 
 

 

 

 

 

昨日はそのメディア運営の一発目。
色々な面白い大学生をメディアで発信し、月1で回している交流会の質と信頼を担保しています。
 

撮影して、編集なうです。

自給自足です。

トリキ風に言うと地産地消です。

 

 

嘘です。世間に消費されて欲しいです。

 

 

 

 

そんなこんなで最近のこと。

 

 

 

最近はプロ奢ラレヤーが世間に露出したり、プロ無職、アイスマン福留さんなど

多様な生き方に拍車がかかっています。

 

 



 

 

一昔前から、権利収入や趣味を仕事にして、自由に生きる人は多かったと思いますが、

 

 

 

最近、と言う感覚があるのは、

それぞれが出会う機会が増えているってニュアンスの方が近いのかも

 

 

 

サラリーマンや自営業など、汗水垂らして、時間をお金に変えてって労働者収入を得る人たちは

 

 

インカムやアイスマンプロ奢さんなどの好きなこと、趣味を仕事にしている人たちと生活する場所や時間が違いすぎて出会わなかった。

 

電車はサラリーマン多いし、経営者は車で移動してるのが一例。

 

 

それが今や、SNSYouTubeなど、メディアが一般人でも手軽に発信できるものになっているから、出会えるようになってきたって感じ。

 

 

 

この動画のニュースキャスターが泣いてしまったのもまさにそうで、生活の仕方だけでなく考え方からそもそも違う。

 

生き方、価値観のギャップが衝撃的すぎて泣いてしまってます。

 

 

 

これは、ほんの一角にすぎなくて、こんなことが世界で見れば1秒に1回ぐらい起こっているんじゃないでしょうか?

 

 

けどそれでいいと思う。

 

 

それぐらいキャリア選択の幅は広くあるべきだし、一人一人生き方が全然違うぐらいでいいと思う。

 

 

 

みんな汗水たらさないといけない、とか、周りに合わせて普通にならなきゃいけないとか

みんなが残ってるから残業して、時間をかけて仕事しないといけないとかそんなことはちゃんちゃらおかしい。

 

汗臭いし。

 

稼ぐためには、真面目に働かないととか、

時間をかけて頑張らないといけないとか正義でもなんでもなくむしろ「悪」だと思う。

 

 

例えば、世界を競争相手に考えれば、わかりやすいと思うけど、

5時間で終わるより2時間で終わった方がいいし、やらなくていいならやらない方がいい。

 

 

 

それが社内になると、上司が働いているから帰れないとか、周りが就職して、真面目に働いているのに、なんで楽して稼いでいるんだとか。

 

 

結局楽してとか言ってるけど、その人はみんなより頭使ってるから。

 

 

 

てか、仕事を効率化しない、稼がないって美徳でもなんでもなく、経済発展的に悪だし、思考停止だと思ってます。

 

 

 

 

これからはもっとそんな時代。

 

 

AIは今はまだ学習能力ぐらいなので、画像検索とかそこら辺ですが、

 

効率化されルーティンワークはほぼほぼになっていくと思います。

 

 

 

みんなで足引っ張って、干渉しあってる場合じゃない

 

 

 

みんなが好きなことをして、それを極めまくって、頭使いまくって、そんなライフスタイルであるべき。

 

嫌な仕事はAIがやってくれます。人間よりはるかに効率的に汗も流さず。

 

 

 

だからこそ、僕は就職しないし、

遊び続けるし、自分が面白いと思うことを好きな人たちと社会に発信して、盛り上げていきたい。

 

そこに関しては、とことんこだわるし、頭も使って、経営も使って、死ぬほど努力できる。

そのためなら、嫌でもしんどいことでもできる。

 

 

就職は繋がらないので努力する必要がなかったです。

 

 

 

昔からやってたヲタ芸、クラス映画、そこらへんの原体験がすごく強い。

 

 

その時の社会からの反響とかも含めて。

 

もうすでにある程度、好きなことで生きていきやすい時代になっている。

 

 

逆に言うと好きなこと以外で真面目に汗水垂らして、生きていっても、

好きな人には勝てないし、効率はAIに絶対勝てないし、後ろを見ても八方塞がりになってしまうような感覚。

 

 

好きをとことん突き詰めていこう。

 

 

 

P.S.

 

と言うわけで、

僕はヲタ芸活動を復活させます。

 

10万人規模のイベントでシンガポールヲタ芸してきます。

プレイヤーとしてなのですが、これからイベント企画を回す信頼関係、スクエニの社長やとみっくさんとタレントプロデューサーと信頼とって今後の資産を貯めに行きます。

 
 

昨日、20時30分からクラウドファンディング スタートしました!

シェアやご支援してもらえるとかなり嬉しいです。

していただければ、campfireの裏側を知ってる人から聞いた、クラファンの戦略や、データなどをお教えしようと思っています。

長期的にも各プロジェクトにエンタメを掛け合わせ活性化、効率化とかの価値も返せると思います。

 

 

camp-fire.jp


 

クラウドファンディングページ↑

なにより集金ツールではなく、マーケティングツールなので僕の想いや活動を知って貰えるだけでも嬉しいので、是非のぞいてみてください!

 

 支援もしていただけると泣いて喜びます!リターンは長期でも返していこうと思います!

12000円の美容院に自分も行きたいと思う。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55501

 

f:id:junyaaa0404:20180511232805j:plain

 

オーシャンの記事が今日ニュースピックスに載っていたんで、読みました。

 

 

読んだので、ブログを書きました。

 

 

正確にいうと今から書きます。

 

 

昔よくもるさんの動画をYouTubeで見ていて、髪型のセットをしたものです。

だからこそ、思い入れもあるのですが、今回の動画はそういった独断と偏見抜きでいい記事でした。

 

 

 

 

12000円のカット代は相場の3〜4倍。

ターゲットは消費に消極的な大学生や社会人1、2年目。

 

そして、カットにさらに消極的な男性がターゲット。

 

 

 

なぜ全国から客が殺到し、予約が埋まっているのか ?

 

 

これからの時代を物語っているなと思いました。

 

 

 

若者は消費に消極的なわけでも、元気がないわけでも、夢がないわけでもありません。

 

 

 

 

若者が何に惹かれ、何を求めているかも知らないのに。

 

 

そこらへんを知らないと、若者は動かない。

 

 

 

ぼくたちの世代は、生まれた時からモノも情報と揃ってます。

 

 

困ってないです。

 

 

 

だから家を買いたい、車を買いたいとか、そこらへんにウォンツがない。

 

 

それだけの話。

 

 

良くも悪くも戦後から復興し、経済発展していく中で、ニーズは引き上がってしまった。

 

 

 

生きていくというところが当たり前になってしまったからこそ、次は

 

何をして生きていくか?

何をするのが幸せで、どう生きたいか?を問う時代なのです。

 

 

この時代が来るとかではなく、もう来てます。

 

 

そこの認識の違い。

 

 

元気がないのではなく、興味がない。

 

消費に消極的なわけではなく、それはいらないだけ。

 

 

そんな気がします。

 

 

 

いらないものを勝手にどんどん値下げされても買わないものは買わないし、それで美容院は価格競争に巻き込まれて、衰退しています。

 

 

 

 

 

今の若者は自己実現欲求がすごく高いと思う。

 

 

 

自分なりに幸せを考えてみるし、どういう風に生きていこうって考えている。

 

モノも情報もあってある程度どんな会社に行っても、

そこそこの生活ができる時代だからこそ。

 

 

 

しかし、やりたいことが見つからず、迷走する若者もいる。

 

 

 

けど、それは間違いなくいい迷いだと思う。

自分の幸せの本質を突き詰めることは大事。

 

 

 

この記事にも書いてあるように、

夢を語れる場所、後押ししてくれる仲間、そこらへんを求めている。

 

 

そして、そういったマネジメントやサービスが必要。

 

 

 

どれだけ人の心を動かせるか?

 

 

そして、その人たちの本質に向き合えるか?

 

 

より一層人間が人間らしく生きることを求める社会になると思う。

 

 

 

 

 

ビルを建てる時、設計図書くのは当たり前。では、人生を設計してゴールから逆算していますか?

今日はゴールからの逆算について。

 

 

これはすごく大事な考え方だなと普段から思っているのですが、大事に思いすぎて、大事にしたままでし

た。

 

なので言語化し忘れてました。

 

 

では、本題。

 

これをする前にもちろんなんですが、ゴールがないと始まりません。

ゴールからの逆算なので、自分の最終的に作りたい世界観とか、救いたい人とか成し遂げたいこととかそこらへんを見つけましょう。

 

その見つけ方は過去の記事にたくさん書いてるとおもいます。

僕が去年の夏まで、やりたいことのない、ネームバリューや年収で就職先を決めようとする予備軍だったので。

まあ、就活中はずっとやりたいことを探していたので、ぎりセーフかな?笑

 

けど見つかりませんでした。そんな思いして欲しくないので、、、

 

いや、最初は絶対するんやけど、それが解決しないのはすごく人生のリスク。

だからブログとか実際の面談でやりたいことの見つけ方は体系化してます。

 

で、話はそれましたが、今の僕はゴールがあります。

 f:id:junyaaa0404:20180504164234p:plain

ユニバのような街を作ること。

そこではみんなが好きなことややりたいことで生きている。

そして、お互いの個性や価値観を大切にし、自分らしく生きている。

 

僕がやりたいのは人を楽しませること。

もっと遊び心のある社会を作りたいと思っています。

 

人を楽しませることで生きていける仕組みを作ります。

そして、もっと自分らしく生きている人を増やす、好きなことで生きていける人を増やしたいと思っています。

 

これを人生の最終ゴールにしています。

 

 

これって壮大すぎません?

普通に聞いていて。

無理だろ、とか、バカじゃねって言われると思います。別にいいですけど。

 

 

それぐらい壮大で無理そうな夢じゃないと夢じゃない、と思います。

 

DJ社長も言ってましたが、本当に共感です。

 

 

年収1000万とか、社長になるとかそういうのは夢だと思えないんで。

 

 

では、このゴールがあって、今日の話があるんですけど、

 

 

経験、スキル、実績を積み上げいくタイプ

VS

このユニバという夢から逆算して、今やることを決めそこだけをやるタイプ

 

 

 

どっちが達成できそうでしょうか?

 

 

これだと多分わかりにくいと思います。

 

 

では、

1階はもう作れて、2階も作れそうだから、40階まで作ろうとしている人

VS

40階建てのビルを建てると決めて、設計して1階から作っていく人

 

 

どうですか?圧倒的に後者の方が実現できそうじゃないですか?

しかも強度とか質もたかそう。

 

この話だとわかりやすいですが、実際、今の状態よりいいなと思ったら目先の利益に飛びついてしまいがちです。

 

とりあえず就職したら月収30万ぐらいで安定するし、社会人としての経験もつくし、経歴もこの会社に勤めていたら信用もある。

 

 

こんな感じの利益はありますし、確かに今よりは良くなると思います。

 

 

けど、僕は、ユニバのような街を作りたいゴールから逆算して、欲しい実績、経験、スキルとかで判断するようにしています。

 

 

そこから考えて行くと、会社からもらえる30万は一時的で、依存しているだけの収入にすぎません。ゴール達成できないし。これはあってもなくてもいいし、週5の拘束で会社に言われたことをやるだけだと会社経営の全体は見えにくいというのがありました。

 

 

そして、断然、街づくりは資産運用力も必要だし、経営スキルは必須です。

 

むしろ普通の会社経営の何十倍の難しさだと思う。

 

まずは、経営のスキルを磨きたいので、就職するより、圧倒的に事業作りをした方がいいなと思っています。

 

だから就職という選択肢は切りました。

 

よくわからない社会人経験とかいうぼやっとした話とか、まずは3年で会社に勤めてみて起業した方が良くない?って人がいますが、あれはマジで無責任な言葉です。3年の根拠は?って聞いたら泡吹いて倒れる社会人がほとんどです。社会人経験も、別に起業したら、営業するし集客もするし、むしろ主体性持って経営の全体を見渡しているので、そっちの方が立派な社会人でしょwwって思ってしまいます。

 

 

そらリスクヘッジなのか知らないですけど、起業とか経営者の目線で物事を2年ぐらい稼げなくてもずっとみてた方が、サラリーマンやってから起業したやつより、リードできると思っています。

それぐらい、環境には良くも悪くも染まってしまう。

 

 

だからこそ、就職せずに今、マーケティングファイナンス、経営戦略、PRのスキルを取りに行くし、今はYouTuberたちをプロデュースをしようとしています。それは、エンターテイナー集団を育成することが最終ビジョンのユニバのまちづくりに必要不可欠だからです。

 

 

そんな集団ができれば、

あとは、エンターテイナー集団で社会を盛り上げに行きます。そんなコミュニティを作れれば街づくりもいけそう感が出てくる。

 

 

この逆算ができると、本当に自分の幸せに必要なことが見えてきます。

本質を見るというか。僕は人を楽しませられる遊び心のある社会になればいい、好きなことで生きていける人を増やしたいってだけなので、そのビジョンが進むことしかやりません。

 

 

やらないことは決めてます。

 

就職、ネットビジネス、必要以上の飲み会、浪費、一人で何かをやる、イベント、エンタメ関係以外の事業、プログラミング、英語、色々なことに手を出す。ここら辺。

 

 

よく経営者や学生と一緒にこういうイベントしよう!とか、ここら辺の事業で関わっていけそうだね とか言われますが、今より状態が良くなっても、そこは、

 

・ビジョンが加速するか?

・もっと早くて確実な方法はないか?
・分散していないか?

で決めています。

 

 

基本的に本当にビジョンが加速するのは今やっていることで、新しく何かを始めるより、そこに選択と集中、つまりは専念した方がいいので。

 

 

色々なことに手を出して、全部中途半端な人を僕はよくみます。

 

そういう人ほど、結局何したいの?って感じなんで。

 

 

忙しいからいいとか頑張っているからいいとかではなくて、

ちょっと暇ぐらいでもいいから、一つの事業に専念して、そこに選択と集中した方が、結果として、レバレッジが働いて、楽に成果が出ると思います。

 

 

それぐらい選択と集中は大事。

 

 

だからこそ、ゴールから逆算して、ギリギリまで削ぎ落とす。

 

天才は引き算。凡人は足し算をしたがる。

 

 

まさに僕もそうで、自戒の意味を込めてこの記事を書きました。

天才は、物事の本質を見れるから必要なことしかやらない。

凡人はとにかくいいと思ったもの、プラスだなと思ったもの全部付け足したがる。

 

 

そんな感じで、今日は終わります!

 

 

 

 

 

投資って株とかだけの話じゃない。人生レベルでも考えたほうがいい。

「投資」の画像検索結果

 

今回は消費、浪費、投資について。

 

 

これは株式とか金稼ぐためのものとはちょっとだけ違います。

 

 

概念は一緒なんですが、

人生の経験とかスキルとか、成功したり自分の叶えたい夢の実現のためになんとなくある自分の仮説で話してみようと思います。

 

 

あくまで個人的な意見かつ、僕はまだ成功していないので、仮説でしかないです。

 

批判的意見、改善あればぜひコメントよろしくお願いします。

 

 

 

 

まずはそれぞれの定義

 

 

浪費とは100支払って、価値が99以下しか返ってこないもの

例えば、ギャンブル、必要以上の服や遊び

 

 

消費とは100支払って、価値が100返ってくるもの

これは最低限必要な食事、家賃、税金などの生活費

 

 

投資とは100支払って、価値が101以上返ってくるもの

これは株などもそうなんですが、自分の将来やりたいことのために必要な知識を取りに行くための本やセミナー、イベントなども指すと思っています。

 

 

こんな感じで考えています。

 

 

そして、

人によって、目的によって、それぞれの指標が変わります。

 

例えば、

自分の仲間と信頼を取るために飲みに行くのは消費でも浪費でもなく投資だと思うし、なんとなく意味があると思って、本読んでみたり、イベント行ったりするってのは浪費になります。

YouTuberが自分のスキル向上のために、1日YouTubeの動画を見るのと、一般人がただなんとなく見るのとでは、投資にも浪費にもなるのです。

 

 

ここで投下している資本はお金ではなく時間です。

 

 

 

成功する人は皆ケチなのではなく、お金や時間をどこに使っているのか、なんのためなのか?意味がある、リターンが返ってきているのか?

ここをシビアに考えているだけなのです。

 

 

そんな気がします。

 

 

 

大事なのは自分の時間にも投資とか浪費とかあることです。

 

 

ここの感覚をすごく大事にしたい。

 

 

お金はないけど、時間はある。だから時間を投資して戦わなければならない。

 

 

 

わかりやすいものでいうと、なんとなくだらだらとYouTubeとかみちゃった時間。浪費ですよね。

 

 

あまり気にしていないのが、必要以上に買いすぎた服とか、いつも同じメンツで週一飲みに行くとか。

 

 

自分の時間には限界がある。有限です。

 

 

僕みたいに特別裕福ではない人はお金も。

 

 

 

本当にやりたいこと、叶えたい夢、成功したいとかいう想いがあるなら、

もっともっとシビアに引き算をしないといけない。

 

本当にやりたいことのためには、ちょっと友達と飲みに行くとかちょっとやりたいことでも今はやめる決断をしないといけない。

 

 

才能とかじゃない。

 

 

時間は平等に与えられている。

 

 

天才なら少ない時間で成功できるかもしれないけど、誰しも時間がないと何もできない。

 

 

僕みたいな凡人ならなおさら。

 

 

だったら、

時間と金をどんどん投資にしていかないと自分の実績も信頼も人脈もスキルも何も増えない。

 

 

だって消費と浪費になってしまうから。

 

本来返ってくるはずの時間やお金、仲間、信頼、人脈、実績、スキルを手に入れられない。

 

 

投資感覚があれば、自分の持てる時間とお金を何倍にも増やせる。

 

 

もちろん時間は返ってこないけど、お金は増やせるし、仲間と夢を追いかけられるようになれば、時間は一日24時間×仲間の数になる。

 

 

そんなイメージ。

 

 

今、自分の日常を振り返って欲しい。

 

 

自分のお金と時間はどこに使っていて、何%が投資で、浪費で、消費なのか?

 

 

 

成功している人は必ず、投資の割合が圧倒的に高い。

 

 

 

じゃないと、時間が平等に与えられているのに、勝てない。夢も叶えられない。

それが一番虚しい。

 

才能とか親が金持ちとかそういうのはあるけど、貧乏な人や凡人が成功したとかはざらにある話で。

 

 

 

自分の持てる才能、時間、金は全て有限だと思っている。

 

 

だからこそ、決めないといけない。

 

 

どこにこの資源を突っ込むのか。

 

この選択で将来は決まるし、それほどシビアな決断。

 

 

 

こんなことを周りの人に流されて決めてはいけない。

 

 

 

ちょっとつられて飲みに行く程度なら、取り返しつくかもだけど、これが毎週続けば…

 

 

 

そして、やりたくもない仕事を延々と続けて、

少ない給料と週2日しかない休みに不満を言う。

 

 

 

こんな奴にはなりたくない。

普通にやめろよって思う。

 

 

その就職先にそんなにすがる意味あるか?って

 

 

 

それで40年間の毎週5日を浪費していることになる。

 

 

 

人の力や才能はもっと引き出せる。

 

 

もっとリターンをもらえると思っている。

年収400万前後で収まってる人ばかりではない。

 

 

 

もっと時間を投資して、そこで得たリターンでお金を生んで、また時間とお金を投資して、、、

 

 

 

そしたら面白いことはできる。

 

好きなこともできる。

 

 

これからはやりたいことをやる人が勝つ時代。

 

 

そのために必要な考え方だなと思います。

 

大阪市と組んだイベントで50人集客した話。めっちゃ悔しい。

おはようございます!

藤田潤哉です。

 

8時から色々と作業をしています。

朝活はいいですね。気持ちいい。

 

明日、東京で起業家や実際の学生で起業家を志す人たちのパーティがあるので、

今日は昼からヒッチハイクをします!

 

 

 

6回目かな?実際楽しみです。知らない人と話せるのがすごく価値高いです。

 

 

さて、今日は組織構築について。

 

 

 

先日、大阪市共催で大阪イノベーションハブにて未来起業家交流会を開催しました。

 

将来やりたいことがある、今はぼんやりとしているけど、やりたいことを実現するために走り出したい。

そんな学生を集めました。

50名ほどの1.2回生に来ていただき、ありがとうでした。
ただ本当に悔しい。
 



 

 
 

 

 

 

運営なのに、一番後ろ

 

ミスりました。

 

 

今回は無事集客目標を達成できたのですが、

PDCAの材料盛りだくさん、すごく学び、反省がありました。

 

 

 

組織構築の難しさ。

 

どれだけチームで勝てるか?主体性を持たせることが出来るか?

 

 

・ビジョンで巻き込むこと。

・一緒に作り上げる感。

 

 

ここら辺が今回の学び。

 

ビジョンで巻き込むこと。

どんな小さな企画であれ、絶対にカジュアルには巻き込まない。

 

win-winで組まないと意味がない。

 

双方のビジョンが加速するからこそ、組むのであって、これはバイトやお手伝いなんかではない。

 

うちの運営は人に価値を与えるのが普通、だから手伝って、なんてのは交渉ではない。

そこらへんに甘えるのは違うと感じました。

 

 

経営者はバリュー思考がなくて当たり前だし、実際ない笑

自分のリターンは自分で決めてねってのが普通。

 

この企画をやることで、

お互いのビジョンがこういう風に加速する、とか理念、ビジョンで一致していないとすごく危ない。

 

 

ここがズレていると、一見いいコンテンツであっても、

ターゲットに与えたい価値が奥底まで刺さらない。

 

 

ターゲットをこうしたいという理想の結果にまで持っていってあげられない。

集客からフロント→ミドル→バックの導線に違和感が出てくる。

一貫した価値なのか、結果から逆算できているのか?

 

まあ確かに価値感じるんだけど…

ターゲットの子はこのあとどうしたらいいの?って感じ。

 

 

 

ターゲットの結果、ゴールに向かって今回の運営全員が同じ価値を与えにいっていたか?

 

 

これができていなかったと思います。

 

 

 

そして、

一緒に作り上げる感。

 

 

形式上は縦にする必要があるけど、

本質的にも縦の組織になってしまっていたこと。

 

 

全員が上から振られたタスクに感じ、なんのためにやっているのかわからなくなってしまった。

 

 

 

こういう風にしたくて、今こんな感じで、こんな意見をもっと下から吸い上げるべき。

 

全員が言われたことをやり、一緒にこういていこうとかの話もなく、ただ進捗の報告をする。

 

 

これだと主体性はわかないなと思いました。

 

 

 

自分もエンタメBarをやったり、シンガポールの交渉を今しているけど、

これから作っていくプロジェクトで、どんどん下に任せていこうと思う。

 

 

エンタメBarに関しては、大枠だけ作ってもう他の人に投げる準備をしている。

まだ第一回もしていないのに笑

 

 

早く投げたくてうずうずしている。

 

 

集客できないとか、コンテンツの作り方がわからないとかそんなことはどうでもよくて、

それが仲間を信頼しているってことだし、そこを長い目で見れるのが教育だと思う。

 

 

そんな感じのことを、

普段やっている関西1の学生交流会と今回の未来起業家交流会を比較して、

学びました。

 

 

組織の作り方からまず違う。

チームビルディング、設計、割り振り…

 

 

 

とはいえ、面白い1、2回生50人の集客もできたし、大阪市に価値も与えられたのはすごくでかい。

 

この結果がどうとかではないけど、すごくいい経験になりました。

 

 次も頑張ります

 

p.s.第二回は5/21の18時から大阪イノベーションハブで行います!

1、2回生で伸び代ありそうな自分の見込みがいる方はぜひ呼んであげてください。


仲間が欲しい、とか、この子をもっと成長させてあげたいとか面白い!とかそういう子のサポート手伝います!

Q.そもそもやりたいことが見つかりません。 (ペンネーム アンパンマン評論家さん・19歳大阪府)

こんにちは、ふじたじゅんやです。

 


 
 
 

今日の記事を読んでくださる前に、

僕はこんなポケモンです。

 

 

さて今日は僕がずっと考え続けている、

好きなことで生きていくためには

ってところを書いていきたいと思います。

 

皆さんもこれを見て参考になればこのうえない喜びです。

基本的にはコメント欄で議論したいです。

色々こうじゃない?とか指摘、批判いただきたいです。

 

僕はまだ好きなことでいききれてはいるけど、生きれていない、ので。

模索中のクソザコです。

 

さて本題。

※人物、質問等はすべてフィクションです。

 

Q.そもそもやりたいことが見つかりません。 (ペンネーム アンパンマン評論家さん・19歳大阪府)

 

これは本当に昔の自分ですね。

けど、ヒッチハイクしたり、タイ一人旅したり、

文化祭でヲタ芸とかクラス映画の脚本編集したり、YouTubeに動画上げまくってたり、

300人の前で漫才しまくったりしていました。

 

好きなことをやりまくったり、多趣味な人でもここってあんまり関係ない。

そういう人でもやりたいことを見つけるのは、今の世の中難しい。

 

なぜか?

 

1つは

・シンプルにそれを実現できる選択肢を知らない。

 

日本の教育はうまくできていて、想像力、好奇心、個性を殺すようにできています。

周りに合わせる、バランス志向、平均的均質的な学生を増やし、

企業に言われたことを言われた通りにやる働きアリのような人間を生み出すのが得意です。

 

だからそもそも生き方の選択肢が、就職に流れやすいようになっている。

 

そこが一番楽だし、周りの多くの友達はそこに流れるから。

イノベーター理論を受けやすい日本人はまずここに進みます。

そして、この教育を受けた人たちは会社に属するのが一番楽だと感じます。

年収1000万は高いという刷り込みもあり、ある程度の年収、勤務日数で我慢します。

 

受動的では、やりたいこと見つからないですよね。

まず、自分からやろうとしてなかったら。

 

自分で考えたことで人に価値を与えてみるといいんじゃないかなと思います。

 

 

僕も、面白いことを引き続きしたかったし、けど、芸人とかYouTuberって難しいし。

みたいな。

 

けど、就職して、会社に依存しながらじゃ、できないこともあるし、そもそも時間とお金がもっと欲しいし。

ってなりました。

そんな時に経営を学べば、年収も努力次第、働く日や時間も選べる。

好きなように事業を作れる。ってとこに魅力を感じ、内定全部けることになりました。

 

かなり楽観思考ですが、自分の好きな方向性に向かえれば、

頑張れるタイプやし、そもそも幸せなので、まあいいかなって感じです。

 

てか、ベストな選択肢でした。

 

なので、生き方の選択肢をもっと見せて上げたいなと思っています。

 

こんな生き方ありかよ

 

って思えるってこれからの時代すごく大事。

個性や価値観の多様性が広がるなら、選択肢はもっと広げるべきだし、責任がある。

 

それをYouTubeや、自分の組織で見せてあげ、責任を持って、個性や自分らしさを活かしていきていける道を見せてあげたい。

 

 

もう1つは、

・消費する「好き」と与える「好き」を混同している。そもそも認識していない。

 

のかな?と思います。

 

 

好きなことで生きていくって言っても、需要がなければ無理。

そんな世の中甘くない。

 

一日中、家でポケモンばっかりしてるやつとか、

毎日飲み会ばかりしていてもお金は入ってこない。

 

 

それをいかに人に与える価値として、作り込むかが大事。

ポケモンのゲーム実況で配信すれば投げ銭で生きていけるかもだし、

飲み会を主催して、色々な人を呼べば、集客の手伝い、PRとかにつながってお金は生み出せる。

 

時代的にもクラファンとか広告収入とかお金⇄資産の流れはすごくなめらかになっている。

 

 

つまり、自分の好きなことでどんな価値を与えられるか?

とか

自分は社会にどんな価値を与えたいか?

 

で考えると、需要が生まれ、

「好きなこと(社会的に需要のある形で)で生きていく」と

やりたいことも見つかるんじゃないかなと思います。

 

Q.やりたいことは見つかったけど、好きなことで生きていけません。 (ペンネーム ビーダマン系モノマネ芸人さん・21歳兵庫県)

 

これは一つに、選択肢をもっと知って欲しい、ってのが前提で

そこからどう実現するかについて書いていこうと思います。

 

・スキルの掛け合わせで個性を創出する

 

ことが大事だなと思います。

ホリエモンとかキンコン西野とかも言ってたきがしますが、

個性をUSPとして、一つの武器として使うためにはこれが重要。

 

YouTuber 一本では勝てないけど、飲食の経営をしているとか、

プログラミングができるとか、学校の先生とか。

 

YouTuberは腐る程いるし、もう腐ってるけど

飲食店やってる人でYouTuberは腐ってない。

 

希少性高い、とかの話です。

 

 

それって個性だし、それをうまく表現してるし、誰にも真似できない差別化戦略です。

 

個性はUSPです。

 

そんなプロデュースをするために経営を僕は学んでます。

 

 

あとは組織で強みを作る、とか、ファイナンスビジョンとか

経営を学んでいくと実現力を限りなく引き上げられると思います。

 

 

自分への戒めとして、また、これを活かして自己実現できる人が増えて欲しいな

と思い、書いてみました。

 

 

ではこの辺で!

 

p.s


YouTube

 
https://www.youtube.com/channel/UCSZJTesF21ny6v7VpquK73A?view_as=subscriber

 

 

ここにこれから表現をためていくので、価値観合う人は登録しといてくれると喜びます。

色々意見のぶつけ合いとかもできると思うので。

 

バーを貸してもらえることになったので、エンタメ空間を表現する

おはようございます。

 

今日は僕が5月6日から毎月1回の頻度でやる

「エンタメBAR」

というものについて話していきたいと思います。

 

 

f:id:junyaaa0404:20180418083916p:plain

エンタメBar【残り4名】〜人を楽しませることが好きな人へ〜

 

 

 

Facebookページもあるんですが、

人が集まらなくてもいいから、

1年間継続すること

をルールとして置いています。

嬉しいことに第1回は18人定員で14人ほどいます。

あと4人どうにかして集めたい。

 

 

 

では、一番大事な

これをやる経緯とは?

 

 

 

f:id:junyaaa0404:20180418084400p:plain

簡単にいうと、僕の将来の夢からの逆算です。

 

僕はこんな街を作りたい。

そこに行くだけで非日常のワクワクがある。

 

そのためには、

 

個性や価値観を認めあえる環境を作り、

そこで好きなことをして生きていける人を増やす必要があります。

 

そんな個性で人を楽しませて生きていきたい人。

 

自分の好きなことを社会に価値のあるもので。

 

価値と価値の交換の際に起きる摩擦を減らせば実現可能だと思っています。

 

 

ここで起きる摩擦ってのは、人を楽しませる、

面白いことをしているというのはすごく

価値のあるものなのに、結局趣味でしょ?とか

一昔前まで職業として存在していないことにより、

対価があまりもらえていない気がするのです。

 

 

そして、一部の芸人、YouTuberしか活躍できない。

仕方ないことなのですが、

芸人一本では勝てない人も飲食店経営とか教育とかを掛け合わせれば、

個性を創出しながら個性を他の人に負けない強みとして戦えるのではないかと考えています。

 

 

 

もうお分かりかもしれませんが、エンタメBARはその課題解決の場として提供しようと思います。

 

 

こんな想いを発信して、

快くBARを貸していただき、

料理とお酒、打ち合わせと全面協力してくださっている、

ローレンスの伊東さんには死ぬほど感謝しています。

 

この人がいなければ、BAR事業はフェーズ2だったので3年後とかでした。

 

エンタメBARをやることで何が起きるか?

 

初めは僕がバーテンダーや運営をやる予定です。

一応YouTuberの端くれなので。

 

ですが、今後はどんどん任せていきたいなと思います。

それなりの日当も出ます。笑

 

そうすることで、

エンタメ力のある人たちに飲食のスキルが少なからずつくと思います。

てか、そこは経営とバーテンとしてのスキルを僕と伊東さんでバックアップしていこうと思います。

 

だってそれだけで他のYouTuberや芸人より一つ個性をスキルとして表現できるから。

 

これはキャッシュを生めるタネです。

 

 

エンターテイナーが苦しみ、夢を諦めることを少しだけ、ほんの少しだけ解決する糸口になります。

 

 

そして、もう一つは

リアルなファンや仲間ができること。

 

 

YouTuberは特にここがないです。

UUUMとかは掲示板とかで繋がりを作ろうとしていますが、

リアルで会う方が強いと思います。

 

これができれば、もっと頑張れるし、仲間がいればできることも増えるしで

イノベーションが起きるのではないかと考えています。

 

僕自身もエンターテイナー集団を作るためにそういう空間を設けています。

 

 

そして、

 

それを見た人たちが、

人を楽しませて生きることは可能なんだ、

面白いことふざけたことで生きていってもいいんだ

 

って思ってもらえること

そこがこのエンタメBARをやる1番の目的であり、達成したいゴールです。

 

 

今の日本はしがらみが多いし、息苦しいし、就職するのが当たり前だし、

 

それじゃあやりたいことも見つからない。

 

心の何処かに誰にでもあるのに、選択肢がなかったり、周りの同調圧力によって

思考ブレーキがかかっている。

 

そんな人たちに少しでも新しい選択肢を見せることが出来たらなと思っています。

 

 

大事なのは哲学や理念。

 

ここに合う人に、いけそう感とかすごいワクワクするビジョンでどんどん巻き込んでいきます。